スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の好きな物語~だーまえ批判に寄せて~

さて、春からは麻枝准が脚本の「AngelBeats!」が始まります。まぁ、この作品は「けいおん!!」と共に春アニメの中では前評判が高いやつです。



PV見てみると、すごいオーラがあるんですよね。
ただ、俺は麻枝准の書く物語が嫌いなんですよ。

俺が物語に求めるのは、このでかい世界に対しての、個人の生き方。自分という人間たった一人にとって、この世界はあまりに大きく厳しいもの。じゃあ、この世界をどうやって生きたらいいのか。物語を見るときは、この問いを持って挑みます。

仲間を作ったり、考えたり、考えずに突っ込んだり、逃げたりと、いろんなことをして物語の登場人物達は大きな世界に挑戦していく。それが、たまんない。おもしろく、なおかつ参考になるんです。だから、俺が好きな物語というのは、大きな規模の世界で、その世界へ関わっていくお話です。例えば、「鋼の錬金術師」だとか。主人公のエドとアルが、仲間を増やしながら、国を操るホムンクルスの計画を止めようとするお話。たまらん、星3つ。

俺が「神様のメモ帳」を星1つにしたのもここから来ています。舞台は1つの町だけですし、仲間は何かの目的のために集まった集団でもない(ニートだから当たり前)。敵にも巨大な目的があるわけでもない。俺にはグッとこない作品でした。

星1つにした一番の理由は、主人公のナルミくんに共感出来なかったからでしょう。読み手が登場人物とどれだけシンクロできるか、物語のおもしろさはそこにかかっています。読み手は一人一人違います。だから、作品への評価が違うのも当たり前というわけですよ。俺はナルミくんのように、受動的なるのはうんざりしていたのでシンクロ出来なかったんです。俺が求めていたのは、能動的に世界へ関わっていく登場人物でしたから。

麻枝准の話に戻ります。
麻枝准(以下だーまえ)は「ONE」、「AIR」、「Kanon」、「CLANNAD」、「リトルバスターズ!」といういわゆる泣きゲーの脚本を担当した人。どれも原作をやったことが無く、「AIR」、「Kanon」、「CLANNAD」の三作はアニメしか見ておらず、「ONE」、「リトルバスターズ!」なんかは作品の内容すら知らない俺です。そんな俺がだーまえの批評書いてもいいのかしらん、と思っていたりしますが気にしないで書いていきましょう。だいたい、原作と話の流れは同じはずです。

だーまえの物語の中ではとことん女の子が死んじゃいます。すごいぐらい死ぬ。別に死ぬのはいいんです。嫌いなのは死ぬまでの女の子の扱われ方。どんだけ世界に嫌われてんねん。世界中の悪意が女の子に集まったような死に方。「AIR」の観鈴ちゃんとか、勝手に先祖の呪い(だいぶ前に見たのでここらへんあやふや)かけられて、殺されるって何なんだ。とことん苦しめてだーまえに殺されちゃったよ。観鈴ちゃんががんばろうとしても無駄なぐらい苦しめやがったな。「CLANNAD」の渚も同じ感じ。まぁ、まだこっちの方が救いがあったが……。

「AngelBeats!」のあらすじ見ているとどうも同じ感じがする。

舞台は死後の世界
運命に立ち向かう少年少女たちの物語

なんらかの理由で最後を遂げた少年・音無は、死後の世界の学校で、ゆりと名乗る少女と出会う。
彼女は神に反逆する「死んだ世界戦線」のリーダーで、天使と日夜激戦を繰り広げていた。
そして、立ちはだかるは神の使い・天使。それは、可憐なひとりの少女だった。
生前の記憶が無く、この死後の世界で何が起きているのかも分からず戸惑う音無。

彼は、ゆりたちと共に戦う道を選ぶことにしたのだが…。



「AngelBeats!」での観鈴ちゃん役は天使だと俺は推測中。まだ見たことないのに勝手にストーリー決めつけるのはどうかと思うけど、何か予感がする。天使はたぶん生前の記憶がない元人間で、死後の世界にやってきたら神様にスカウトされちゃった人なんだろう。この時点で、もう理不尽。そして、DQNな神様に「なんか生きたいとか言ってるアホどもが喧嘩吹っ掛けてくるんで、始末はお前に任せたわ」とか言われて、「死んだ世界戦線」の夢を毎日壊す仕事を与えられたんでしょう。ここまで俺の妄想。これって何気に酷い仕事ですよ。人の夢を壊し続けるのを、自分の意志関係無く行うのって。すごい罪悪感が襲いそう。俺だったら死んじゃう。だーまえは女の子苦しめすぎなんだよ。世界に抵抗できないようして、なぶり殺していく。世界はとても厳しいけど、抵抗はできるんだよ。だーまえは抵抗すらさせない。ひでぇ。だから、俺はだーまえの物語が嫌いなわけです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

アニメでのOP・EDの必要性、存在意義

 友達と話をしていると、アニメの『OP・ED』はいるのかどうか? という話題が出てきた。
 
 宣伝や商業的に考えると、無いといけないもの何だろう。しかし、物語だけのアニメで考えるとたいていの場合はいらないんじゃないだろうかな、と思える。
 OP曲やED曲からアニメに入る人だっているだろうし、CD売り上げの儲けは、制作側にとって大変必要な物だろう。ただ、OPがすごい意味を持って物語に関わってくる作品というものは、どれぐらいあるだろうか。まぁ、滅多に無い。物語の後半で、キーパーツになるものを映しているだけのアニメが多いのではないだろうか。それは映しているだけで、関わっていない。

 関わっているものの例として、『ef』が挙げられるのではないだろうか。

 『ef』のOP映像を考察している人もいたものだ。

 さて、いままで『OP・ED』について批判的に書いてきたが、別に僕は『OP・ED』があっても良いと思っている。
 ただ、どうせ『OP・ED』を作るのだったら、もっと意味があるものにすればいいのに、と思うわけである。まぁ、それができない作品だってあるのだが。でも、できる作品はしないともったいない。

 もっとできるのになぁ。『OP・ED』なんて遊びまくればいいのに。

ef - a tale of memories.1【通常版】 [DVD]ef - a tale of memories.1【通常版】 [DVD]
(2007/12/07)
高城元気後藤麻衣

商品詳細を見る

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

生きるために「死」について考えてみた

 私の名は、夕凪
 簡単に説明すると、夕方(無風状態)を指す名詞だ(もっと深いけど)
 私は非常に病んでいて「死」について考えることもしばしば

 そんな私は富野氏の死生観について書かれた本(※1)で深く感銘を受けた

 「バイストン・ウェル物語」の監督を務めた富野由悠季監督
 富野氏の「バイストン・ウェル物語」の諸作品には、富野氏の死生観の原理がある

 「バイストン・ウェル」作品では、事故で死ぬと、死後の世界のような「バイストン・ウェル」にとばされて
 そこでおもしろい体験をするという
 「バイストン・ウェル」で死ぬと地上界がバイストンウェルの各階層に転生
 そこで殺し合う エンドレスに―

 つまり、悟りが存在せず、どの階層も地獄
 輪廻転生を繰り返す原始ヒンズー教のような死生観

  富野死生観五箇条とは
 一、死ぬのは正しいことである
 一、バイクに乗ると、「バイストン・ウェル」に行ける
 一、「バイストン・ウェル」でも死ねるので幸せ
 一、生まれ変わっても、また死ねるからお得
 一、悪いことをすると死ねないので、ただしく生きるべし

 この考えは輪廻をもとにしたもの 何度でも生き返れると―
 しかし、死後の世界なぞ誰も知らない
 もし、輪廻が存在しないなら、人生は1回しかないのである
 ならば、その限りある1回をどう大事にするか考えなければならない
 私は、この死生観が、死を恐れるなと言ってると思えてならない

 人によって感じることは違うだろう
 もし、「死」について考えたくなったら、富野作品を見ることを勧める
 
 生きる上で死を考えることも重要なのではないだろうか?

 
 ※1(カオスアニメ大全)

意味はあるのだろうか? 全てに

 幻の三人目です

 今回は1回原点に戻りたいと思います。
 何故アニメオタクは、アニメを評論するのだろうか? という事です。

 「あなた評論が全て正しいのですか?」「あなたの考察は全て正しいの?」
 こう質問します。
 あなたならどう答えますか?

 だいたいのアニメオタクはどう答えるか分かりませんが
 自信を持って言えるのは、「正解はもともとない」ということです。

 まぁ、自分で言って意味の分からん事だとは思うが「正解」はないんだ。
 
 つまりは、他人の考察・評論を聞いて新たな考えが生まれる、それの繰り返しであって
 今の考察・評論は「正解」を持たないものだということなのです。

 思想は否定することがそもそもできないのである
 そして思想は新たな考えを呼ぶ
 それが今回の結論です。

アニメの見方 ~幻の三人目の記事~

 この頃ねぇ~ 思うんだぁ~

 第四次オタク世代(アニメを趣味、娯楽とした常識人)に世代が切り替わってねぇ
 アニメの見方って変わったな~って

 アニメを娯楽としちゃうとねぇ~
 アニメの価値が下がっちゃうと思うんだぁ~

 第四次オタク世代を悪くいってんじゃ無いんだよ!誤解しないでね?
 ただ、第四次オタク世代の人たちも、もっとアニメについて深く考えて欲しいんだぁ~

 アニメってねぇ日本の文化なんだよぉ~

 第五次オタク世代になったらどんな風に見方が変わるのかなぁ
 ゎくゎく、どきどき、むらむら。

 じゃあ終わりぃ~、拝見ありがとぉ~ また書くお~ じゃねw
プロフィール

和太鼓

Author:和太鼓
あなたに純正のアニメを見てもらいたい。

最新記事
カテゴリ
東のエデン
東のエデン 紹介記事へ星:★★★★☆(4つ)
ef-a tale of memories
ef - a tale of memories 紹介記事へ星:★★★☆☆(3つ)
とらドラ!
とらドラ! 紹介記事へ 星:★★★★☆(4つ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。