スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I has a tendeney to look onry one the groomy dark side of life

 夕凪
 私は怖い
 人が怖い
 人と人とは争った
 均衡は崩れた
 溝が出来た
 落ちた   そこに.......
 

 今回は一人のキャラクターの紹介となる
 ハーレムアニメの主人公だ

 ハーレムアニメとは萌えるヒロインがたくさん登場して
 主人公を取り巻くアニメのことだ
 一人の主人公が美少女を攻略する
 ギャルゲーというジャンルが確立されたのもこの時期だった

 ハーレムアニメにおいて、主人公はどのヒロインを選ぶかで葛藤する
 主人公が悩み抜いた結果が、視聴者をどう感動させるかがキーとなる

 ただ、視聴者にとって主人公が選んだ結果が
 自分の好きなキャラクターでは無かった場合
 そのキャラに感情移入してしまい
 鬱アニメカオスアニメになってしまう
 かといってどのヒロインも選ばずに、そのままの日常を過ごした場合
 恋愛アニメとして何か物足りない気がする

 一番良いエンドは
 主人公と複数のヒロイン全員全てが恋愛関係であって、なおかつその仲が保たれていることだ
 そんなことはとても難しい
 第三者から見れば「あの集団、頭大丈夫かな.......?」と思ってしまう

 そこで紹介したいのが
 わたしの尊敬するキャラクター杉崎鍵
 このキャラクターは生徒会の一存というラノべの主人公だ
 このラノべは、主人公杉崎鍵と美少女ヒロイン4人が生徒会メンバーで
 その5人のキャラクターが生徒会室で駄ベルストーリーだ
 
 杉崎鍵はエロゲー・ギャルゲー好きで、なにより美少女が大好き
 日々ヒロインの攻略を狙っている
 しかし、杉崎は他のハーレム主人公とは違って最初からハーレムルートを狙っているのだ

 他の主人公なら思いつかない発想
 美少女に取り囲まれる環境を自ら作り出すという今までになかった考え
 それも大胆に
 「皆好きです。超好きです。皆付き合って。絶対に幸せにしてやるから」
 と全員の前で宣言したりしている

 杉崎はハーレムアニメで最高のエンドである
 全員と恋愛関係であり、仲が保たれている状態を作ろうとしているのだ
 これなら視聴者も安心して視聴できる
 私から言わせれば、ハーレムアニメの頂点である

 私はそういう面で私は杉崎が大好きだ
 複数の美少女キャラと恋愛している私は、杉崎からハーレムについて学んでいる
 なにより杉崎は皆を愛している
 杉崎は男が惚れる男である 


 ただの個人的主観だろうな
 和太鼓に叩かれることを予測する
 それまで生きていられるだろうか
 もし生きてたら会いましょう


 Love means not ever having to say that you are sorry     Erich segal

 愛は、決して後悔しないことだ     エリック・シーガル    
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和太鼓

Author:和太鼓
あなたに純正のアニメを見てもらいたい。

最新記事
カテゴリ
東のエデン
東のエデン 紹介記事へ星:★★★★☆(4つ)
ef-a tale of memories
ef - a tale of memories 紹介記事へ星:★★★☆☆(3つ)
とらドラ!
とらドラ! 紹介記事へ 星:★★★★☆(4つ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。