スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメでのOP・EDの必要性、存在意義

 友達と話をしていると、アニメの『OP・ED』はいるのかどうか? という話題が出てきた。
 
 宣伝や商業的に考えると、無いといけないもの何だろう。しかし、物語だけのアニメで考えるとたいていの場合はいらないんじゃないだろうかな、と思える。
 OP曲やED曲からアニメに入る人だっているだろうし、CD売り上げの儲けは、制作側にとって大変必要な物だろう。ただ、OPがすごい意味を持って物語に関わってくる作品というものは、どれぐらいあるだろうか。まぁ、滅多に無い。物語の後半で、キーパーツになるものを映しているだけのアニメが多いのではないだろうか。それは映しているだけで、関わっていない。

 関わっているものの例として、『ef』が挙げられるのではないだろうか。

 『ef』のOP映像を考察している人もいたものだ。

 さて、いままで『OP・ED』について批判的に書いてきたが、別に僕は『OP・ED』があっても良いと思っている。
 ただ、どうせ『OP・ED』を作るのだったら、もっと意味があるものにすればいいのに、と思うわけである。まぁ、それができない作品だってあるのだが。でも、できる作品はしないともったいない。

 もっとできるのになぁ。『OP・ED』なんて遊びまくればいいのに。

ef - a tale of memories.1【通常版】 [DVD]ef - a tale of memories.1【通常版】 [DVD]
(2007/12/07)
高城元気後藤麻衣

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

安心しろ!俺がアニメを変えてやる!
プロフィール

和太鼓

Author:和太鼓
あなたに純正のアニメを見てもらいたい。

最新記事
カテゴリ
東のエデン
東のエデン 紹介記事へ星:★★★★☆(4つ)
ef-a tale of memories
ef - a tale of memories 紹介記事へ星:★★★☆☆(3つ)
とらドラ!
とらドラ! 紹介記事へ 星:★★★★☆(4つ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。